HOME>トピックス>イソフラボンが腸内細菌と結合することで女性ホルモンの働きを増す

大豆から作られる栄養成分

錠剤

大豆製品に含まれるイソフラボンという成分は、腸内細菌と融合することでエクオールという栄養成分を作り出すことができます。これは女性ホルモンであるエストロゲンの働きとよく似ていることから、更年期を迎えて女性ホルモンが減少し始めた女性にとって大変良い効果をもたらします。しかしながら、このエクオールという成分を腸内で作り出すことができる人とできない人に別れます。エクオールを腸内で作り出すことができない場合には、サプリメントで手軽に補うことが出来るようになりました。エクオールの働きにより更年期を迎えた女性の体をいたわり、健康を維持する効果をもたらすのです。

更年期障害の緩和に効果

早い人は30代から更年期の症状に悩まされるようになります。更年期障害と言われる症状は実に多種多様で、慢性的な肩こりや頭痛、ホットフラッシュや腸内環境の悪化があります。これらの症状を改善するには積極的にエクオールという女性ホルモンに代わる成分を摂取することが推奨されています。エクオールは大豆食品を食べることで補うことができますが、それだけでは十分であるとは言い難いため、サプリメントを補助的に用いることをおすすめします。辛い更年期障害の症状が、エクオールの働きで緩和されます。